株式会社田原屋 -Paseos TAWARAYA-

パシオス ブランドサイトはこちら>>
MENU CLOSE

会社沿革

田原屋の創業は明治12年。今から140年以上前のことです。
明治・大正期の綿糸商を皮切りに、戦後川崎の商店街に小さな衣料品の店舗を開店、
高度成長期には総合衣料大型店を駅近の商店街に展開、
そしてバブル崩壊以降は中・小型店中心の総合衣料品専門チェーンを構築と、時代の移り変わりに合わせて何度も会社の姿を変えてきました。

1879年(明治12年)現在の川崎市堀之内で綿糸商として創業。
1924年(大正13年)合名会社田原三蔵商店に改組。
1948年(昭和23年)株式会社田原屋設立。川崎駅前の銀柳街商店街(現川崎店)にて小売業をスタート。
1957年(昭和32年)川崎本店ビル完成。総合衣料の販売を開始。
1959年(昭和34年)総合衣料大型店の多店舗化を開始。
1984年(昭和59年)総合衣料中・小型店業態を開発。
1991年(平成3年)本部機能立ち上げ、全社にPOSシステム導入。
1992年(平成4年)セントラルバイイング体制開始。物流センター稼働。
1996年(平成8年)本部機能の拡充・完成。
1997年(平成9年)新しい店舗名として「パシオス田原屋」と「パシオス」を導入。
1998年(平成10年)1号店の川崎店開業から50周年を迎える。
2000年(平成12年)ファッション衣料の中・小型店「パシオス」の多店舗化を開始。
2002年(平成14年)東京23区初出店となる錦糸町店のオープン。
2003年(平成15年)店舗数100店舗達成。
2004年(平成16年)店舗名をすべて「ファッションプラザ パシオス」に統一。
2004年(平成16年)静岡県初出店となる熱海店のオープン。
2004年(平成16年)社内報発行開始。
2008年(平成20年)新物流センター稼動開始。
2008年(平成20年)全社にオンラインPOSシステム導入。
2008年(平成20年)愛知県初出店となる岡崎ウィングタウン店のオープン。
2012年(平成24年)京都府初出店となる京都ファミリー店のオープン。
2013年(平成25年)山梨県初出店となる河口湖店のオープン。
2013年(平成25年)本部を現在のソリッドスクエアへ移転。
2014年(平成26年)滋賀県初出店となるフォレオ大津一里山店のオープン。
2014年(平成26年)大阪府初出店となるフレンドタウン深江橋店のオープン。
2015年(平成27年)オリジナルブランド 「Api(アピ)」 「SUFFUSE(サフューズ)」 「SPEEV(スピーブ)」 の展開スタート。
2018年(平成30年)兵庫県初出店となる宝塚中山店のオープン。
2018年(平成30年)オリジナルブランド「FOVL(フォブル)」の展開スタート。
2019年(令和元年)オリジナルブランド 「LAVIMORE(ラビモア)」 「PEAQOM(ピーコム)」 の展開スタート。
2020年(令和2年)本部・店舗コミュニケーションツールのデジタル化。
2021年(令和3年)KGモデル新業務シフトによる店舗運営の開始。
2021年(令和3年)ECサイトの立上げ。